09/12/2018

資格を取ることで増えるメリット

介護職のイメージとして賃金の安さがありますが、この問題を解消するには労働者側が対策を取るのが良い方法ではないでしょうか。良い対策となるのが資格の取得です。資格を取得していればキャリアアップに繋がりますし、賃金のアップが期待できます。

介護に関する資格を取得していない場合には介護職員初任者研修という資格から挑戦してみるのがオススメです。介護職員初任者研修は介護に関する基本的な業務を身に付けることができるのが特徴となっています。最低限の知識や技術、考え方を学ぶことができるので、介護の経験がない人が学ぶのに適しています。

基本的な知識や技術を身に付けている人は介護職員実務者研修という資格に挑戦してキャリアアップを目指しましょう。介護職員初任者研修よりも専門的なものを学ぶことができるでしょう。実践的な部分の成長を求めている場合に適しています。専門的な知識を深めることによって重度な介護者のサポートも行えるようになるので、介護の現場にとって必要な存在になれます。

この2つの資格を取得している人で、さらにキャリアアップを行いたいと考えている場合には介護福祉士の資格を取得するのが良いでしょう。介護福祉士の資格は国家資格ですから他の資格よりも難易度が高くなっていますが、介護のプロフェッショナルとなるために必要な知識や技術を身に付けられるというメリットが得られます。この資格を持っていれば他の介護職員にも適切なアドバイスを行えるでしょう。キャリアアップしても今の職場の待遇に納得がいかなければ、より良い待遇の職場に転職することもできます。